2014年11月27日木曜日

「生まれ変わりの実証的研究」動画の公開

    「タエの事例」「ラタラジューの事例」の動画公開

 

2005年の「タエの事例」から数えて9年、2009年「ラタラジューの事例」から数えて5年、その間、徹底的な検証を重ねて、両事例の全セッション証拠映像と、両事例の検証と解説を169分の動画にこのほどようやくまとめることができました。

私の生まれ変わりの実証的探究の現時点の成果を、証拠映像とともに後世に残すための動画です。

少なくとも、両事例を語った被験者里沙さんには、生まれ変わりが科学的事実として検証できた、という映像証拠にもとづく主張です。

こうした取り組みは世界にも例がないと自負しています。

公開動画の証拠映像とその検証解説、および本ブログ「SAM催眠学序説」の記述の双方によって、私の主張に対する「反証可能性」はひらかれています。

どうぞ、ご意見・ご感想を本ブログコメント欄にお寄せください。 

 

公開動画は、下記のいずれかのサイトにアクセスしてくださるとご覧になれます。


http://samzense.blogspot.jp/p/blog-page_21.html

https://www.youtube.com/playlist?list=PLiSAMaS04nxZWE3xyb7Rv4xEXH7Aeo7Ch

 

また、「ラタラジューの事例」については英語版動画を別に制作し、2014年4月に下記に公開しています。

http://youtu.be/q5iVCfKuH0Q


注:本ブログ画面右端上部、私の顔写真の上「ページ」にある赤茶色文字「日本語版タエ・ラタラジューの事例動画公開」 「英語版ラタラジューの事例動画公開」をそれぞれクリックしてもつながります。

 

生まれ変わりの真偽とその科学的証拠に関心をもっておいでの方にどうぞ拡散してください。

なお、動画制作に当たっては、私の主宰する催眠塾修了生吉田紘樹氏の全面的ご支援をいただきました。

 

※you-tubeにアップした動画を、DVD1枚(169分)にしたものを、上映会あるいは個人研究等のためにご希望の方は、住所・郵便番号・名前・連絡先電話番号を下記にお知らせください。

 

Email::Katumi-i@ma.ctk.ne.jp

携帯:090-3954-4597

固定:0574-25-8674

9 件のコメント:

坊 さんのコメント...

はじめましてブログを拝見した者です。

コメント欄の議論を拝見させて頂きましたが私もショウタの意見のように稲垣さんにはもう少し脳科学者の唯物的な見解を検証して欲しいです。

少し偉そうなことを言いますが稲垣さんはショウタさんのコメントの返信で専門家ではないから答えないと言っていますが結局は逃げているように思います。脳科学専門家ではないからこそ脳科学の仮説や意見を検証してその脳か学者の唯物論的な仮説や指摘を検証しながらラタラジューの事例を検証した方が良いと思います。

特に苫米地英人や茂木健一郎やその他のスピリチュアルやオカルト批判者の学者の本にも目を通して欲しいです。

いきなりのコメントで偉そうですみませんでした。気になったのでコメントさせてもらいました。

稲垣勝巳 さんのコメント...

「脳の未解明な領域の機能」やら「潜在記憶」やら「虚偽記憶」などの、証拠不在で検証不可能な唯物論的説明(逃げの説明)以外で、「ラタラジューの事例」
をどのように説明できるでしょうか。
それができるとは思われないので、私は生まれ変わり仮説を支持するしかないという見解を「映像証拠」にもとづいて主張しています。
したがって、私の提示している「映像証拠」にもとづく主張は反証可能性にひらかれています。

ショウタ さんのコメント...

映像を見ました

本当にこれが事実ならNHKの科学検証番組でも取り上げられても良いのにと思います

それこそこの間の臨死体験番組の立花さんにも検証や見てもらい意見交換してもらうのはどうかと思います

稲垣勝巳 さんのコメント...

本当の事実だからこそ、2冊の出版、2回のアンビリ放映、今回こうして英語版・日本版のyou-tyubeでの公開を堂々としているのです。
事実のねつ造や歪曲をしてまで公開をするほど、私は厚顔無恥・破廉恥ではありませんよ。

この事実を認めることは、現行唯物論に風穴を開けることになり不都合ですから、唯物論陣営は無視を決め込むことになるでしょうね。

これまでの、生まれ変わりの科学的研究の歴史を顧みても、決定的反証を挙げることのできない事例は、唯物論を信じる人々、軽薄なスピリチュアル傾向の人々双方から嫌われることがはっきりしています。

こうした事態を超心理学者の笠原敏雄氏は「心理的抵抗」と呼んでいます。いわゆる、「認知的不協和」が生じるからでしょう。

本当かな? 疑わしいな? のあいまいさを残すレベルでおさめておくことが穏やかで認めやすいのでしょう。
だから、NHKは無視するでしょうし、アンビリですら腰が引けて、守護霊との対話部分などはカットして放映せざるをえないのでしょう。

私のように、明確な証拠を提示して、反証があるならどうぞを挙げてください、と今回you-tubeのようにやっちゃうと嫌われるのです。

しかし、私は、動かしようの事実は、事実として包み隠さず、多くの人々が知るべきだという立場を崩すことはありません。

その意味で、実証なき宗教者や霊能者の言説とは一線を画しているつもりです。

私の旗印は、「観念より事実、理屈より実証」です。
心理学者宮城音弥のことばを借りれば「証明なくしては何ものをも容認せず、アプリオリに何ものをも否定せず」です。

ショウタ さんのコメント...

この研究に耳を傾ける学者や一般人は出てくるのか気になります。

ネットで取り上げられる池川明さんの前世の記憶研究記事には批判的コメントが目立ちます。確かに記事の内容の「父親でなく母親を選ぶ理由」とか親を選んだ理由とか現実味がないと思いました(親を選んだなら何故虐待や貧しい家を選ぶのかや人間全ての人が親を選ぶのかと言う疑問)

しかし稲垣さんの研究はとても説得力があると思います。内容も現実味があると思いました

稲垣勝巳 さんのコメント...

「ラタラジューの事例」を掲載した拙著『生まれ変わりが科学的に証明された』のコメントで、ガチガチの唯物論者からの批判(というより低レベルの言いがかり)に

①ラタラジュー程度の会話は、誰にでもできる。

②ラタラジューの会話は「空耳」の羅列にすぎない。

という反論をネット上で見ました。

①②の批判がいかに非科学的でおそまつな批判であるかは、今回公開した証拠映像で明白になったはずです。こうした論者は、生まれ変わりなど絶対に認めたくない、という感情的抵抗が最初からあるわけで、こういう人には付ける薬はないということです。
ちなみに、超心理学者お三人、前世療法のできる臨床心理学者お一人、宗教学者お一人に今回you-tubeのDVDを送付してあります。ただし、立花隆氏には送付していません。送付したのは、いずれも著作があり、その分野で名のある方たちです。

坊 さんのコメント...

こんばんは

ご返信ありがとうございました。

再度コメントさせて頂きます。

私は動画を見させてもらいましたが確かに今の段階は科学では説明付きませんがいずれかは脳科学で説明付くと思いますし生まれ変わり説でなく脳の未解明機能説の方が合理的だと思います。その理由は以下の通りです。

1、魂とは何か分らなく存在自体曖昧で検証のしようが無いが脳は研究すればするほど解明でき霊やら魂など持ち出さなくても説明できる。

2、生まれ変わり説だと死んで生き返った人は誰も居なく自分も実際に体験して戻って来れないから照明はできないし完璧な根拠は出せないが脳の機能説なら物質の変化や反応で説明は付くし合理的。

3、魂があるなら死の定義や生と死の境界は何?

4、魂があるなら失神や眠っているときなど意識不明なときは何処にあるのか?

5、電車の人身事故や頭に銃弾を撃たれたりギロチンされたりなど即死やバラバラ死体になる人はで死んだ人は何処の体から魂が抜けるのですか?

6、魂が存在するなら記憶喪失や二重人格はどう説明つくのですか?

稲垣勝巳 さんのコメント...

タエの事例、ラタラジューの事例が「脳の未解明機能説」のほうが合理的だというあなたのご意見について、すでにコメントをくださっている方のコメントを再掲します。
・・・・・・・・・・・
要するに、生まれ変わりにしろ臨死体験にしろ、取り合えずは「随伴現象説」という現在の主流派の流れに沿う形で、「虚偽記憶」や「潜在意識」「脳の未解明の力」という、ある意味この分野では水戸黄門の印籠にも等しいものを持ち出して、

「たぶんそういうことなんだろう」

と勝手に解釈しているだけで何ら証明が伴っているわけでもないわけです。

 さらに言えば、こんな水戸黄門の印籠みたいなものを持ち出せば、専門家でなくても、たとえば私でも一応「説明」して「解釈」できますよ。たとえば、人は脳だけでなく体全体(たとえば細胞レベル)で記憶することができるとか、DNAに記憶が組み込まれているとか、本人が気がつかないうちに対象事項のことを把握していたとか、そういうレベルの「説明」や「解釈」でいいなら、私でもできます。要するに、それを現時点で専門家が堂々とやっているという段階で、はっきり言ってそれじゃあ専門家の必要性ないじゃん、科学者いらなくね?という話になるわけです。

 素人でも考えつくような「説明」や「解釈」を専門家がせざるを得ないということは、それだけこの分野のことが何らわかっていないということを意味しているというだけの話であり、重要なのは、

「どう解釈あるいは説明されるか」

ではなく、

「その説明が正しいかどうか立証できるか否か」

ではないでしょうか。(引用終わり)
・・・・・・・・・・
要するに「脳の未解明機能説」は、それが正しいかどうかの立証がともなっていませんから「反証可能性」にひらかれていません。

稲垣勝巳 さんのコメント...

ショウタさんから幽霊に関する情報の投稿がありましたが、「ブログ投稿の留意点」の次のガイドラインに抵触すると判断しました。
・・・・・・・・・・・
本ブログにおける各記事ごとのコメント欄は、各記事ごとに取り上げた話題の探究に資するための議論・意見・感想の場です。
したがって、各記事のテーマから飛躍・逸脱しているコメント、根拠が提示されない観念的議論や根拠不明な無責任なコメントは、話題の焦点が拡散し、散漫になることを避けるため、投稿されても掲載されないことがありますのでご海容ください。
・・・・・・・・・・
私のyou-tubeで取り上げているテーマから逸脱していますのでせっかくですが記事は削除しました。ご了解ください。どうぞ他のサイトで話題提供してください。