2011年8月4日木曜日

第12霊信の公開その8

第12霊信の公開その8
潜在意識より深奥なるものを、すべて「集合意識」とまとめることは適切ではない。
だが、それらを「人からの見解のみで理解する」ことはできないのだ。
集合意識に含まれるものを、私たちが説明を与え分けていくことは許されない。
それはあなた方の世界に存在する者がおこなうべきものである。
前世療法で顕現化されるのは「魂」ではなく、「魂の側面」である。
魂は、前世療法がおこなわれる際にも、それらすべてを見つめるものである。
魂が傷を持つ、とこれまで表現してきたが、あなたがより理解を得やすいように説明しよう。
傷を持つのは「魂の側面」であり、魂自体が傷を持つのではない。その「表層部分」が傷を持つのである。
(つづく)
注※ 魂が「意識体」と「側面=表層部分」の二層から成り立っているという説明は、私には新鮮なものでした。
これまで、海外の信頼のおける定評のある霊信でも「魂の二層構造」に言及したものは知らなかったからです。

0 件のコメント: