2011年7月31日日曜日

第12霊信の公開その1

第12霊信の公開その1 07,1,23,22:58受信
M子さん:先生から送付していただいたファイルを貼り付け霊信していきます。
まずはじめに、あらかじめ私自身が読まさせていただきました。
というのも、もし回答が私の妄想であるならば、読む段階で何かしら浮かぶものがあるのではと考えたからです。
ですが、回答は思いつきませんでした。
とりあえず、霊信をしていきます。
送信霊:私たちはあなた方を常に試している。あなた方の信仰心を育てているようなものだ。
あなた方は、疑いがあるからこそ成長するのである。
だが、疑いと否定の類似性に惑わされないようにしなさい。
否定はあなた方の目を真実から背けるものである。
ここですべての質問に、あなた(稲垣)は絶対的な納得を得られないだろう。
だが、それも必然なのだ。あなたの成長を止めないための疑いなのだ。
質問1
脳と心の関係はどうなっているか。心は脳の生み出す付随現象なのか。心は本質的に脳とは別個の存在であるのか。
この前提」問題が解決しない限り、死後存続問題は最初から論じる前提を欠く。
つまり、心・脳二元論に立たなければ、霊および霊界の存在は虚妄となってしまう。
回答:(つづく)

0 件のコメント: